Sale

不動産売却

こんなお悩みございませんか?

お悩みに合わせたプランを提案いたします!

  • 自分に合った売却方法がわからない。
  • 遠方に住んでいて立ち合いができない。
  • 家具や家財が片付けられず困っている。
  • 高齢の親・親戚の物件なのでトラブルなく売りたい。
  • すごく古く、故障などもあるが、このまま売りたい。

不動産売却とは

「自宅を売却したいけど、どうしたらいいかわからない」……
そんなお悩みはありませんか?

多くの方にとって不動産を売却する経験は何度もないものなので、
不安に思われるのも無理はありません。

しかし、流れをしっかり把握して不動産会社の力を借りれば、
どなたでも不動産を売却することができます。
FLOW

家を売るときの流れ

まずは売却計画を具体的にするために、不動産会社に家の査定を依頼し、家がいくらで売れるかを把握しましょう。
家の査定では、「机上査定」と「訪問査定」があります。「机上査定」は、住所や間取りなどのデータだけで査定するのに対して、「訪問査定」は不動産会社に家を訪問してもらう方法です。
ネットで気軽に査定依頼したいという方は机上査定が選べるということがメリットになるでしょう。

【早く査定額を知りたいなら】机上査定
机上査定とは、家の基本情報と過去の取引事例をもとにした査定方法のことです。机上査定は不動産会社があなたの家に訪問して査定しなくても査定結果を知ることができます。「メールや電話で査定結果知れればいい」という方には、気軽に査定できるのでオススメです。

【正確に査定額を知りたいなら】訪問査定
訪問査定とは、依頼した不動産会社の担当者が現地へ赴き、対象となる物件や物件が建つ場所の周辺環境を細かく調査した上で、資産価値を算出する査定方法です。
物件の状態や周辺環境などは実際に目で見てみないとわからない部分でもあり、より正確な査定額を割り出すことが可能です。しかし机上査定に比べると査定額が出るまでに時間かかることが難点です。
不動産会社に査定してもらい、現在の家の価値が分かったらいよいよ売り出し始めましょう。
その際、不動産会社に査定してもらった価格そのままで売り出すのは危険です。

査定額は不動産会社によって異なり、場合によっては数百万円程度の差が出ることも。必ず自分でも相場を調べてから売り出し価格を決めるようにしましょう。
家の売却で成功するためには、何より相場を知ることが大切です。なぜなら不動産には定価がないため、相場を知らないといつの間にか損をする可能性があるからです。
相場より安く売りだしてしまうと「もっと高く売れたのに……」と後悔することになりますし、相場より高いと買い手が見つからずいつまでも売れ残るリスクが発生します。
まずは自分と似たような物件がいくらで売れているのかを調べて、売り出し価格の参考にしましょう。
仲介で家を売るときは不動産会社と媒介契約を締結します。
媒介契約は1社としか契約できない「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」と、複数の不動産会社と契約できる「一般媒介契約」の3種類あります。
不動産会社と媒介契約を結び、売り出し価格を決めたらいよいよ売却活動スタートです。
売り出し期間中はポータルサイトやチラシなどに物件情報を掲載し、購入希望者から問い合わせがあれば内覧対応をします。
購入希望者を集めるのは不動産会社の役割なので売主ができることはほとんどありませんが、内覧時の対応は契約成立に大きく関係します。
購入希望者に良い印象を持ってもらえるよう、外観・内観ともに綺麗にしておくことが大切です。

中古住宅であることを承知で購入を検討しているとはいえ、やはり外観・内装ともに綺麗な状態にこしたことはありません。
家の中を片づけておくことはもちろん、排水溝に砂や枯れ葉が溜まっていないか、浴室にカビが生えていないかなど細かい部分まで確認しておくようにしましょう。
無事買い手が見つかり、引き渡しが完了したからそれで終わり……というわけではありません。
家を売って利益(譲渡所得)が発生したなら確定申告を行う必要があります。

売却した翌年の2月16日から3月15日の間に申告し、譲渡所得税と復興特別所得税を納めることを忘れないようにしましょう。
売却だけではなく、賃貸も行っております。
お客様にとって最も利益のでる方法でご提案をさせて頂きます。